時の流れ2014/03/19 23:06

ほのか
OLYMPUS E-5
ZUIKO DIGITAL ED 50mmF2.0 Macro
アートフィルター:ファンタジックフォーカス
撮影場所:山口県萩市萩往還梅林公園




忙しさに追われ日常が川のように流れてゆく

寒さが和らいできたと思えば梅が咲いたという便りを聞き

こころにゆとりを持てぬままに早咲きの桜の開花を知り

そんなふうに大切な何かを時の流れに置き去ったまま日々を過ごす

ふと気がつけばもう百花繚乱の季節まであとわずか

このままではいけないと手に入れた僅かな時間を

自分だけのために自由に使おうとカメラを持って外に出てみると

いつもの年と変わらぬ春の風景がそこにはあった

写真を撮るということは季節を持ち帰るということだ

毎年変わらずに訪れる季節を持ち帰りパソコンのモニターで眺めて

この春、初めて一息ついたような心持ちになった

写真を撮るということはある意味流れゆく時を止めるということだ

手を延ばしても届かない流れの早さに追いつくためにシャッターを切り

ようやく手に入れた生きている証を無造作にメモリーの中に放り込み

後でゆっくりと楽しむつもりが思うままにはならず

そんなふうに貯め込んだ時の流れの断片が幾千万の蓄積となり

その蓄積そのものが我が人生であるかのような錯覚を起こす

一年がこんなに早く過ぎてゆくようになったのはいつの頃からだろう

寝る前の僅かな時間に僕はそんなことを考える