2013/11/12 21:52


OLYMPUS STYLUS XZ-10
i.ZUIKO DIGITAL ED4.7-23.5mmF1.8-2.7
撮影場所:山口市徳地町串 天神の滝




山が紅に燃える季節がやってきた。

モノトーンな風景に覆われる前の艶やかな饗宴…。

春に手に入れたこのカメラで晩秋の彩りを撮るのはこれが初めてだ。

それよりも少し前に手元に来たXZ-2はちょうど去年のこの季節が撮り始めの時季で

これほどよく写るならもう大きなカメラは要らないかな?

と思わせるほど出来るやつだったが、それよりも一回り小柄な

掌にすっぽりと収まってしまうこのカメラも

目を凝らして見ないと違いがわからないほどよく写る小癪なやつだ。

雨の日曜日…、お気に入りのカメラを三台ほど持ち出して

定番のスポットを訪れた。

山の中へ入れば天気の悪い日には少し気味が悪いほど薄暗く

そんな山道をゆっくりとクルマを走らせていると

整然と植林された杉の林の樹間越しに真っ赤に染まる紅葉が見えた。

明るさを欲しがるカメラに意地悪く光を絞ってシャッターを切る。

すると目の前の紅はより鮮やかにモニターに浮かびあがる。

少し前まで休みの日は晴れてなければつまらないと思っていた。

雨の日曜日もいいじゃないかと思えるようになってきたのは

今年の桜の季節辺りからだろうか?

天気の悪い日にしか見られない景色もあると教えてくれたのは

傘を持っていても片手で構えられる小さなカメラのおかげだと

僕は思うのである。