秋の名残2012/11/29 21:43

晩秋
OLYMPUS STYLUS XZ-2
i.ZUIKO DIGITAL ED6-24mmF1.8-2.5
撮影場所:山口市徳地町妙見社




あたりの紅葉が盛りを過ぎて葉を落とす頃、

このあたりでは色づくのが遅い大銀杏の樹が

梢まで真っ黄色に葉を染めていた。

そして僕はこの光景を見て冬の訪れを知る。

気がつけば、12月まであと何日もない日の夜、

しばらく忙しかった仕事が一段落して

ようやくブログでも更新しようかという気が起きた。

更新するといってもいつもの通り季節の便りを少々…。

いざ書こうと思うと、そんなに書くことなどないものだ。

「書きたい」と思ったことがあってキーボードを叩いてみても

少し冷静になれば、実はそんなに大したことではなかったりする。

いつも通りの少し慌ただしく、それでいて何事もない平穏な日々を暮らし、

毎年のように「今年こそは早く書いてしまおう」と思う年賀状を

たぶん例年のように年の明ける数日前にやっつけ仕事で片付けて

そしてまた新しい年を迎えるのだろう。

たとえ年末ジャンボの夢が泡となって消えたとしても

健やかに初詣に行くことができればそれが一番だと僕は思っている。

コメント

_ manicure ― 2017/05/04 20:59

You could definitely see your enthusiasm in the article you write.
The arena hopes for even more passionate writers like you who aren't
afraid to say how they believe. Always go after your heart.

_ foot pain diabetes ― 2017/07/05 00:31

Incredible story there. What occurred after? Thanks!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://takechan.asablo.jp/blog/2012/11/29/6646631/tb